“ if else if ”

 

2017, 10月28日(土) ー 11月18日 (土)

2017, 10.  28 ( Sat. ) ー 11. 18 ( Sat. ) 

 

 

 

 

  “ if else if ”

 そこに何もないのは退屈なので、もしもを壁に掛けてみた。

 もしもはいつも異なる貌を覗かせるので、つられて僕はもしもと踊る。

  elseの囁きに揺れながら、もしもの問いに答える度に、新たなもしもが現れる。

 保坂毅 2017

 

 保坂は2005年武蔵野美術大学大学院油画コースを修了しています。保坂はキャンバスの画面と側面と  いう形体に注目し、立体としての絵画と、それによる空間の関係を現在まで探求し続けています。前回  の2015年の個展では、モノクロのストライプの小立体絵画作品が16点、画廊空間に整然と並べられス  トイックな雰囲気を醸し出していました。

 

 「if else ifと題された今回の展示では、打って変わってカラフルな2色使いの作品がお目見えしす。 

 2色使いの平面と、その背後にはそれぞれ対する色の陰影が白い壁に投影されている作品は、複雑な  色彩空間を表現しています。ミニマルな表現を用いながらもウイットにとんだ保坂の作品は、軽やかに  ステップを踏みながらミニマルアートの可能性を広げています。論理的で根源的な嘗てのミニマルアー  トはマッチョでストイックな風貌ですが、例えばアン・トルットの様な作家の作品が追い求めていた試み  が、この日本の保坂という感性の基花開こうとしているのだと言えはしないでしょうか。保坂は現在ま  で、彼自身の最も内的で個人的な感受性に基づきながらも、それを毅然とした態度で望み、表現・制  作し続けています。カラフルな色彩に導かれるこの度の画廊空間は、新たな試みで彩られる事でしう。