吉永:Yoshinaga 2018

 

 

 2018, 3. 17 ( Sat. ) ー 4. 7 ( Sat. ) 

 “ 申し訳ございません ”

 

 Photographs from his book ‘ For These Naked Apologies ’

 

 

 

 吉永マサユキは、8年間にわたって撮影された「暴走族」シリーズや、「ゴスロリ」と呼ば

 れるコスプレのティーンエイジャーなどの写真で知られ、日本では森美術館や横浜美術館、

 またニューヨークやロンドンの美術館でも多数展示されている写真家です。当ギャラリーで

 の初個展となる今展は、2000年に出版された吉永の故郷である大阪十三の人々を撮った写真

 集、「申し訳ございません」に掲載された写真を展示致します。

 

 水商売や肉体労働に従事する人々、ニューハーフや不良たち。十三における様々な人間模様

 を写した写真集「申し訳ございません」は、日本の社会で少数派として端に押しやられた

 人々の存在に目を向けてきた吉永の原点とも言えるものです。愛情を持って対峙するように

 写された彼らのクローズアップは、写真集を観た森山大道氏が、それぞれの被写体に大胆に

 真正面から見据える吉永の真摯な視点に感銘を受けたと言われています。

 

 実は2000年に、写真集の出版を記念した大規模な展覧会が渋谷と名古屋のパルコで開催され

 ました。残念ながら大阪の心斎橋パルコはギャラリースペースが閉鎖されましたので、大阪

 での展示は実現する事なく現在に至っております。パルコの巨大な空間とは違いますが、8

 平方メートルあまりのGALLERY ZEROのスペースに凝縮させた吉永マサユキの原点を、こ

 こ大阪の地で初めて開催させて頂くと共に、吉永の強靭で愛おしい世界観をお楽しみ頂きた

 いと思っております。何卒よろしくお願い申し上げます。