西 太志:Nishi Taishi 2017

 

グループ展:Grpup Show 

“ラインズ:LINES”

 

1月14日 ( 土 )  - 2月4日 ( 土 )

Jan.  14 ( Sat. ) - Feb. 4 ( Sat. )

 

 

 

 

  西太志:Nishi Taishi

  “指揮者:CONDUCTOR”

 

 

  8. 26 ( Sat. ) - 9. 16 ( Sat. ) 

 

 

 

 

 

 “絵を描いていると、自分がその 世界の創造主で、全てをコントロールする指揮者であるよう

 な気分になる。しかし、絵画と長く接していると、時々もっと大きな存在に操られ、引っ張

 られながら描いている(描かされている)ような感覚にもなる。”

 

 2017 夏   西 太志

 

 

 

 西太志は骨太な物語を表現しているペインターです。映画もしくは映像の一場面を描いた様な

 西の絵画は、その前後の流れを観る者に想像させてくれる程に懐の深い作品となっています。

 また画面のストロークには動きが有り、魅力的でもあります。

 

 この春の京都芸術大学ギャラリー@KCUAのグループ展での個展形式での展示は、そのスケール

 感と絵画のバリエーションで、彼の力量が充分に発揮されたものでした。黒い部屋と題された

 展示ではまさしく真っ黒に塗られた空間に大作が10点、室内を埋め尽くすがごとく展示されて

 いたのです。ドローイングのライブ感をそのまま拡大した様な彼のストロークは画面を覆い、時

 にコミカルな劇画の様に、また時には抽象的なパターンとして画面を満たしていました。大作に

 よるこの展示は、西にとり現在の自分の可能性と力量を推し量るという意味で大きな成果を得た

 と思います。

 

 その経験を経た今回の個展「指揮者」で彼は何を展示するのか? 展覧会タイトルの「指揮者」

 が朧けながらもその方向を指し示しているように思えます。ある意味持てるものを出し切った感

 のある前回の展示とは違い、コンパクトな今回の展示では抑制が効いた展示を指向しているので

 はないでしょうか。その事により今回の展示のストーリラインは整理され、各作品間の流れが

 繋がり、抑揚の効いた展示となっています。黒い部屋シリーズを描いたゴヤへのオマージュは

 そのままに、ゴヤの眼差しである社会への懐疑ではなく、現代の少年の不安と夢がないまぜにな

 った、ダークでユーモアのある作品群を今回、皆様にご覧頂きます!

 

 

 

 

   Open  12:00 - 18:00

   休廊日  水曜日・木曜日

 

 

 

   Closed  Wednesday・Thursday